減腔について

減腔とは日常生活の中で広がってしまった、「身体の胸腔、腹腔を狭める」ことをいいます。当院では全国でも数少ない減腔プラクティショナーが減腔の手法を用いて、整体、セルフケアの指導、トレーニングを行います。

 

減腔をすることでこんな効果があります。

 icon-check-circle

✅ 胸腔、腹腔内の循環が良くなり、内臓機能アップ、アンチエイジングにつながります。

✅ 肋骨の広がりを狭めるのでウエストダウンも実現可能です。

✅ 巷の産後の骨盤矯正に比べ、よりスタイルアップが期待できます

✅ 胸郭上部、肩の位置を調整するのでバストアップにもつながります>

✅ 減腔によりリンパの流れが良くなり、小顔、むくみ解消につながります

 

腔とは?

身体には大まかに分けて、口腔胸腔腹腔という部分が存在します。体幹部上部の肋骨、胸骨、背骨、横隔膜で囲まれた部分の空間のことを胸腔といいます。

 

腹腔は体幹部下部、横隔膜の下の部分のお腹の空間のことを指します。

胸腔内には、肺や心臓、大動脈や食道などの臓器があり、腹腔内には、胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓などの臓器が存在します。

 

一般的にはこの腔を広げた方が良いと勘違いされております。この3つの中の腔のうち、口腔は可動性がないため広げた方が良いのですが、数センチ可動性のある胸腔、腹腔は実は広げない方が良いのです。

 

ペットボトルを例にして表現してみましょう。このペットボトル自体が胸腔、腹腔、筋、筋膜、皮膚などの軟部組織がラベルと仮定します。

ペットボトルを潰すと、ラベルとボトルの隙間に遊びができることで周りの組織にも負担が少なく、可動性が保たれます。

 

しかし、膨らますと周りとのラベルとの遊びがなくなり、周りの組織に常に負担がかかった状態になってしまいます。

またそのせいで可動性も損なわれてしまいます。

 

このように、実は腔は広げるのではなく狭めた方が良いのです。

 

腔を狭めることで内臓が圧迫されるのでは?

タイトルのように腔を狭めることで内臓が圧迫され内臓へ負担がかかってしまうとあなたも思っているのではないでしょうか?

 

実は腔を狭めることで逆に内臓の循環が良くなるのです!

「えー信じられない」と思ったあなた?

対話形式でわかりやすくご説明しますね!

X軸(横軸)の圧迫

血管は実は、横方向ではなく骨に沿って縦方向に走行しているので、実は上記のような横軸の圧迫はうけないんです。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”morinaga.png” name=”院長 守永”]胸腔、腹腔を潰すと縦方向の圧が加わり。大動脈や大静脈などの大きい血管をはじめとする血管は圧迫されるどころか、直径が大きくなったり螺旋を描くようになります。循環は悪くなるどころか、逆に良くなります[/speech_bubble]

Y軸(縦軸)の圧迫 〜背中を丸くした際の血管〜


Y軸(縦軸)を牽引 〜背中を伸ばした際の血管〜

ご予約・お問い合わせ

アクセス・地図

守永接骨院のご案内

>>Googleマップで地図を確認する

住所

〒811-2301 福岡県糟屋郡粕屋町上大隈399-1

受付時間

9:00〜13:00/15:00〜19:00 ※水・土のみ9:00〜13:00

電話番号

092-692-7207
営業時間 9:00〜13:00/15:00〜19:00
日・祝
9:00 〜 13:00
15:00〜19:00 〜13:00 〜13:00
※平日のみ交通事故の患者様のみ21時までの受付可能です。但し前日までに必ずご予約お願いいたします

当院からのお知らせ

page top